オタク婚活参考情報:片思いを両思いに変えるための日常の心がけ

さまざまな恋愛ネタをランキング形式で紹介している『スゴレン』。

今日はその中から、

片思いを両思いに変えるための日常の心がけ

をご紹介します。

オタク婚活パーティーや街コンで知り合い、好きになった異性に対して効果的な方法とは…


【1】さりげなく動き回り、気になる人の視界に入る回数を増やす。

何度も視界に入りこむことで、相手から「気になる人」だと思ってもらう作戦です。何度も顔を合わせているうちに、親しく言葉を交わせる仲になれるかもしれません。日頃から相手の行動習慣を観察して、同じ食堂や本屋に通うなど、怪しまれない程度に「よく会うね」という状況を作り出しましょう。


【2】髪は伸び過ぎる前に切り、清潔感をキープする。

自分磨きに投資して相手の気を引く作戦です。たとえ顔や髪形のセンスには自信がなくても、清潔感だけは努力すれば必ずキープできるモテ要素です。また、もしも「不潔な人」だと思われたら女性からボディータッチを拒否されても仕方がありません。髪はこまめに切った方が良いでしょう。


【3】表情筋を鍛えておき、目が合うたびに微笑みを見せる。

表情筋の筋トレに励み、鍛え抜かれた笑顔で女性を惚れ惚れさせる作戦です。口下手でも、さわやかな笑顔を見せれば好きな人に好印象を与えられるでしょう。しかし、シリアスな局面で笑ったり、脱力しすぎると「いつもヘラヘラしてる人」だと思われる可能性があります。さわやかなアイドルのスマイルを見本にして練習するのも良いでしょう。


【4】汗を拭きとるため、清潔なハンカチやタオルを常に持っておく。

ハンカチは男性が忘れやすい持ち物です。しかし、好きな人の前で緊張の汗を垂れ流したり、汗をシャツの袖でふくような不衛生な行為は避けたいところ。万一「キモい」と思われたら、致命傷です。ハンカチやタオルは常に持ち歩いて、汗をかいてもさわやかに拭きとれるようにしたいところです。


【5】いつ指先をチェックされても良いように、爪の手入れを怠らない。

女性の視線が集まる指先をキレイにしておくことで、好感度アップを狙う作戦です。仕事の取引先に好印象を与えるために行う営業マンもいるくらい、ネイルケアは大事なことです。特殊な仕事でもないのにいつも爪の先が黒ずんでいるようでは、悪印象を与える恐れがあります。


【6】好きな人と付き合うまでの展開をイメージトレーニングしておく。

好きな人の前で動揺しないために、事前にあらゆるやりとりを想定しておく作戦です。デートに誘うときなど、「当たって砕けろ」と勢いまかせでアタックするよりも、事前に誘う場所やタイミング、会話の内容、起こりうるハプニングまで、具体的にシミュレーションしておきたいところ。落ち着いて誘えれば、OKされる可能性が上がるでしょう。


【7】好きな人の友達を通じて、自分を売り込んでもらう。

自分を応援してくれる仲間を増やすために、好きな人の友達に援護してもらう作戦です。普段から好きな人の前でやさしさを示すだけでなく、友達にも「あの人、やさしいよね」と伝えてもらうことで評価が2倍になるかもしれません。また、友達が味方になれば、好きな人に告白したときに陰で後押ししてくれるはずです。


【8】好きな人と趣味を合わせるために、猛勉強する。

「話が合う人」だと思ってもらうために、好きな人の趣味を陰で勉強しておく作戦です。趣味だという確証がないのに勉強すると時間のムダになるので、事前に友達から聞いたり、雑談から引き出すなど、リサーチは慎重に進めたいところです。趣味の会話で盛り上がれば、自然にデートに誘いやすくなるでしょう。


【9】断られても、落ち込まないよう前向きに過ごす。

多少メールの反応が悪かったり、デートの誘いを断られても極端に落ち込まずに、前向きに過ごしてはいかがでしょう。相手が押しに弱い女性であれば、根気よく誘っているうちに付き合えるかもしれません。もちろん、相手が嫌がっていたり、はっきりと断られた場合は潔く引きましょう。


オタクの婚活 情報局

オタク婚活サイト、オタク婚活パーティーなど、オタク婚活に関する情報や、オタク婚活を成功させるポイントをお伝えします。

0コメント

  • 1000 / 1000